副業魔女の私小説

人間として正しく生きるより、一匹のいきものでありたい。本業はどうぶつです。

三度の飯より暇が好き

寝たい時間に寝て、起きたい時間に起きる。

これ以上の至福はないと思っている。

 

しかし最近、さらに上の幸福があることに気付いてしまった。

昼寝である。

夏の日差しが適度に差し込む昼間、窓を開ければ風が入って涼しく快適だ。暑すぎず冷え過ぎもしない、柔らかい空気。そんな快適空間で、外を出歩いて照りつける暑さに耐えることも、汗をかくことも、日焼けを気にすることもなく、のんびりと惰眠を貪る。

 

至福である。

 

この上なく気持ちがいい。

冗談でも大げさでもなく、一生こうしていたい、という気持ちになる。

日が高いうちは、たっぷりそうやって無為に過ごし、夕方になって日が傾いてきたところで、散歩がてら買い物に行く。そして、好きなものを好きなように料理して、食事をする。

この、いかにもどうぶつ的な生活リズムが快適でたまらない。幸せだなあ、と思う。

 

こんな生活が可能になったのも、魔女業を再開したお陰である。

相変わらず、本業はどうぶつのつもりだけれど、生活の柱としては魔女的なお仕事をすることになった。魔女的なお仕事とは?それはおいおい書いていくこととする。どちらにしろ、わたしはどうあっても、ちゃんとした「にんげん」はやる気がないらしい。今さら、やれる気もしないし。これはもう仕方がない。

 

わたしはやっぱり、どうあっても三度の飯より暇が好きだ。

睡眠と二度寝と昼寝が大好きだw

 

人間を諦めたら、その生活が実現した。最高だ。

 

これからもわたしは、ちゃんとした人間をやるために頑張ることはしない。

どうぶつでも魔女でも魑魅魍魎でも、肩書きは何だっていいんだよね、実際のとこ。

わたしがわたしであれさえすればいい。何でも。

 

f:id:asaming0729:20170712145913j:image

……………………………………………………

facebookhttps://www.facebook.com/asamitoda0729

mail:asamingworld@gmail.com

……………………………………………………